Share on FacebookTweet about this on Twitter

目的

 2014年で木質ペレットを生産しているのは142事業所で、年間生産量は12万トンを超えています。2001年に日本で稼動していたのがわずか3事業所で、年間生産量は2300トンだったことから考えると大幅な増加であり、この傾向は今後さらに加速し、市場が拡大していくことと考えられます。
 市場が拡大し、重要が大幅に増加するにともない、木質ペレットの原料も品質も多様化していくことになります。しかし、市場が継続的に拡大していくためには、不純物や有害物質が混入されていない品質と、それを燃やすストーブやボイラの安全性の確保が欠くことのできない要素です。
 そこで、消費者からの信頼を得られる品質の製品を提供できるよう、木質ペレットと木質ペレットを燃料とする燃焼機器のメーカー、販売店等によって2007年にJPAを発足しました。
 ペレット及び燃焼機器に係わる会員約60社と賛助会員によって、ペレットの規格づくり、燃焼機器の基準制定を行い、また関連統計の整備、研修・セミナーによる情報の共有を図り、ペレット普及のための広報活動も行っていきます。

役員名簿

会長 熊崎 実(筑波大学名誉教授)
副会長 後藤英夫(株式会社 イワクラ 代表取締役)
山本俊一(矢崎エナジーシステム株式会社 環境システム事業部長)
専務理事 中村 元(日本木質バイオマスエネルギー協会 理事)
理事 岡本利彦(株式会社トモエテクノ 代表取締役)
小林秀匡(株式会社御池鐵工所 専務取締役)
中野 光(遠野興産株式会社 代表取締役)
山後春信(株式会社さいかい産業 代表取締役)
監事 有江 一(日鋼設計株式会社 代表取締役)
内藤昌典(有限会社内藤鋼業 代表取締役)

所在地

一般社団法人日本木質ペレット協会
〒110-0016 東京都台東区台東3-12-5 クラシックビル6階 604号室

PAGE TOP